美顔器 しわ

しわ・たるみは、老化の現れ?リフトアップやアンチエイジング化粧品、○○マッサージが次々と流行るのは、見た目年齢がしわやたるみで判断されることが多いという悲しい現実があるからかもしれません。

 

でも、もう一度周囲を見て見ましょう。年を召されていても、肌が若々しく、美しい方がたくさんいらっしゃいます!

 

しわ・たるみが気になる・気にならない人の違いは何でしょうか?
一度できたしわ・たるみは、消えるのでしょうか?

 

しわ・たるみのトラブルとサッポーの”肌が育つケア”、解説していきます。
しわ・たるみの基礎構造と原因…はっきりしたしわやたるみ

 

しわやたるみの大きな原因の一つに真皮層の劣化があります。薄い表皮細胞層(0.2mm)を支えているのが真皮層です。真皮には、コラーゲンとエラスチンでできたコイル状の弾力線維層があり、表皮層を柔軟に支えています。この弾力線維の劣化が凹凸となり表皮にしわとして現れます。長い年月をかけて劣化していくのです。ちょうど、ベッドのスプリングが弛んだり壊れたりするのに似ています。

 

ということは、弾力線維層が復活すると、しわやたるみは消えるということです。しかし、現実には多くの人がずっとしわやたるみと付き合い続けます。

 

これら弾力線維は、1ヶ月で全て入れ替わる表皮と違って、早いもので2〜3年、その多くは4〜5年かけて作り替えられているため、その間にダメージを受けて一定の消耗・破損が続いていたら改善が進まないからです。

 

一度できたしわやたるみは消えないと言われるのは、このように見えないところでの建設と破壊のバランスが均衡しているためです。

 

紫外線や物理的力によるダメージを減少させ、弾力繊維層の劣化を少なくしてあげさえすれば、新陳代謝につれてしわやたるみは消えていくのです。

 

このようにしわやたるみは、長期戦を覚悟して取り組まなければなりません。紫外線など日々受けるダメージの量を減少させ、真皮層の新陳代謝が滞りなく行われる環境を維持し続けることが対策となります。正しいケアと良い習慣が基本となります。一年ごとに大きな変化を実感していくことになります。